記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西吾妻山hike

8.7日、急だったけど西吾妻へ行ってきた。
6日の夕方出発。
下道でたらたらと今回選んだ登山口の早稲沢へ向かう。
着いたのは20:00
寝床の準備をして、明日同行するkinちゃんと軽く飲んだ、、、軽く(笑)
22:00にはシュラフにとは行かず、僕は1人24時近くまで飲んでいた。
5:00。起床。準備を進める。
5:58。登山開始。

昨夜は真っ暗で気がつかなかったが、熊目線の看板が面白い。
少し先の橋が落ちている情報だったが、雨も降ってないので渡れると判断し足を進めた。

始めは吾妻川の渓流沿いの登山道を進む。

橋が落ちた場所は今は飛び石が置かれ、簡単に渡れたけど、水が増えてる時は無理だろう。
 
深勝路分岐までは沢沿いの非常に登りやすい登山道。
そこから少しだけ険しく、木段などで一気に標高を上げる。


息が切れ、そろそろキツイぞと思った頃に、目の前が開け、ブナの原生林が顔を出す。

西側から登ったから、ここに着いた時の朝陽の輝きや、ブナの木漏れ日が最高に気持ちよかった。
思わず気持ちい~!って叫んだら、2人でシンクロしてしまうくらいに。
ここからはほぼ平らな登山道でデコ平湿原へ。
その途中、開けた場所から、磐梯山が見えた。

ここから先は磐梯山が背中を押してくれる。

7:16。デコ平湿原。
湿原の中の木道歩きは、本当に気持ちが良い、朝露に濡れた草木が、陽の光を浴びて、綺麗だった。
デコ平を過ぎて程なくグランデコのゴンドラ山頂駅に着く。
ここはレストランや自動販売機、トイレもとても綺麗で、下山時には沢山の観光客で賑わっていた。
この先の水場の情報が無かったので、自動販売機でアクエリアスを飲んだ。これが後々正解となる。

山頂駅のレストからはいよいよ西大癲への登りになる。
1/3はゲレンデ、2/3は樹林帯の急登といった感じだ。
ゲレンデは天気も良く、九十九折に踏み跡があるし、振り返ればこの景色なので気持ちよく登れる。
が、、、。シラビソやコメツガの針葉樹林帯の急登に入った途端、ガンガン体力を奪っていく。
どうやら僕ら2人はこんな永遠続く樹林帯が苦手らしい(笑)
苦手というか、飽きるんだと思う(笑)

開けても樹林帯。
進んでも樹林帯。
が1:30続く。
湿度も高く、立ち止まると蜂やアブが纏わりついてくるからなかなか止まれない。
余計に汗をかくから、水も減る。
上がったかと思えば下り、また急登。
アクエリアスを飲んでおいて良かった。
もうそろそろ飽きたぞ思った頃に、ズドンと開けた。

ようやく姿を現した西吾妻山。
幾度も写真でこの姿を見てきたが、ここに立ちこの姿を見にした時、改めてこの山の深さを感じた気がした。
西大癲からこの景色が見たくて、早稲沢にした。
キツイ登りの後の、最高のご褒美だった。
西大癲の山頂からは、安達太良山、那須岳、磐梯山、次に登る飯豊連峰までくっきりと。
景色を堪能しながら最後の稜線へと足を進める。
西吾妻山側から西大癲を見ればこの景色

これまた絶景で、暫し見とれた。
西吾妻山山頂付近は木道が続き、歩きやすい。

西吾妻小屋のあたりから20分ほどで山頂に至る。

山頂からの眺望は噂通り無い。
畳6畳程の広さの山頂に山頂の碑があるくらいだ。
よく、西吾妻山は眺望が無いからあまり、、、。と聞くが、僕もその1人だったのかもしれない。
そんな気持ちが恥ずかしくなるくらいに、この山の深さを感じられた山行だった。
山頂に立つことは素晴らしい事だけど、ピークハントばかりの登山なら、その辺の山を登れと言われた気がした。
もっともっと深いものがある。
それを、次に登る飯豊連峰で確信に変える事となる。
西吾妻山、また必ず訪れよう。
次は湿地帯や、木道をメインで楽しみに来たいなと思う。
 
この日の山行の歩行距離は21.89キロ。341階。30357歩だった。iPhoneのヘルスケア情報だと、どれだけ歩いたかがわかって貰えると思う。
ではっ!また!
スポンサーサイト

コメント

延々と続く樹林帯は自分も苦手です。
この前の岩木山でも思い知らされました(笑)

西吾妻、自分はまだ魅力がわかりません。
正直なところ、百名山だろうがなんだろうが興味がない以上、自分は登ることはないだろうとまで思ってました。

でもヨッチさんの記事を読むと、やはり登ってみないとですね。
今までは見たい景色がある山だけを登ってましたけど、登らないとわからない魅力がありますね。
登山を始めて1年、少しずつわかってきました。

Re:

ゆとりさん>

西吾妻深かったです。
稜線を目指して歩きましたが、開始早々の沢沿いからブナの森が最高でした。
振り返ると、変化が沢山あって、結局は飽きずに登れたなと思います。

今度、東や一切経などを訪れた時、また1つの連峰として、感じられる事があるんだと思うと、楽しみです(*´∀`*)ノ


是非、行ってみてください(≧∀≦)ノ晴れの日に( ⌒⃘ཽ⃜ ◞ළ̆◟ ⌒⃘ཽ⃜ )

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。